TMDU
OPEN
INNOVATION

SCROLL

NEWS

OUR VISION

OI機構とは

成果に繋がる産学連携へ

従来型の産学連携の多くは既存のシーズやネットワークを用いた受動的なものが中心となっておりました。OI機構は、従来型の受動的な産学連携ではなく、オールTMDUで能動的に働きかけていく役割を担い、産学連携大型プロジェクト・ビジネスモデルの創生を目指します。

OI機構を詳しく知る

PROGRAM

産学連携メニュー

オープンイノベーション制度について

TMDUと企業がより強力に研究開発等を推進する「オープンイノベーションプログラム」。TMDUの可能性を試していただく「オープンイノベーションサービス」。そして、TMDUの研究力を身近に感じていただく「アフィリエイテッドプログラム」の3メニューから構成されています。

OI機構を詳しく知る

オープンイノベーション制度について

TMDUと企業がより強力に研究開発等を推進する「オープンイノベーションプログラム」。TMDUの可能性を試していただく「オープンイノベーションサービス」。そして、TMDUの研究力を身近に感じていただく「アフィリエイテッドプログラム」の3メニューから構成されています。

OI機構を詳しく知る

MEMBERS

メンバー

学⻑(議⻑)

Yasuyuki Yoshizawa吉澤 靖之

オープンイノベーション機構長
理事・副学長(産学官連携・研究展開担当)

Mamoru Watanabe渡邉 守

オープンイノベーション副機構長
特命副学長(研究・評価担当)

Akinori Kimura木村 彰方

オープンイノベーション副機構長
産学連携研究センター長

Kaori Iida飯田 香緒里

FAQ

よくある質問

東京医科歯科大学の研究者から生じた研究成果について特許出願する場合には
すべて大学が出願人となるのですか?

本学の研究者及び教職員等から生じた知的財産は原則として大学帰属となります。

本学の研究者及び教職員等が生み出した発明は、まず発明等届の書式で産学連携研究センターへ届出られ、産学連携研究センターの担当者が発明者に対しヒアリング及び調査等をした上で、産学連携研究センター内の知的財産評価会議にかけられます。この会議において、大学が権利を承継するかについて決定されます。 産学連携研究センターは、権利承継が決定した発明について、発明者と協力して出願を行っていきます。

なお、承継をしない権利については、研究者の個人帰属としてお返ししています。

東京医科歯科大学の研究者と共同研究するにはどうしたらいいのですか?

様々なケースがあるのでまずはお問い合わせください。担当より詳細を説明させていただきます。

東京医科歯科大学の技術を知りたい場合はどのようにしたらいいですか?

シーズ集をご覧ください。なお、産学連携企業会員制度に入会いただくことで、本学研究者及び教職員等の研究情報の提供等を定期的にお送りさせて頂いております。

CONTACT

東京医科歯科大学オープンイノベーション機構に関するお問い合わせ、お申し込みは下記フォームにご入力ください。