SHOWCASE

データ形式

名 称

内視鏡検査受診患者に関するテキストベースのデータ

概 要

2015年より開始された日本消化器内視鏡学会のJEDプロジェクト(Japan Endoscopy Database)の一環として収集を開始したデータ。内視鏡検査(上部・下部・小腸・ECR)を受診した患者の基本情報、所見、診断、処置、病理検査の他に問診票に記載のデータを保有。

詳細情報

対象集団

東京医科歯科大学病院で上部・下部・小腸・ECRの内視鏡検査を受診した患者

症例数

約40,000症例

1データあたりの項目数

40以上

収集期間

2015年〜

経時/ワンポイント

ワンポイントデータ

詳細項目

データ:
①基本情報(年齢・性別・検査目的・検査時情報・偶発症等)
②所見(大きさ、肉眼型・深達度予測・存在初見等)
③診断
④処置(処置・処置具)
⑤病理結果(組織診断・深達度・肉眼型等)
⑥問診票に記載される情報(検査日・年齢・性別・ASAグレード・抗血栓薬使用・喫煙歴・飲酒歴・家族歴・検査の手技時間や偶発症、施行医)

広範同意

無し

二次利用

倫理審査での承認条件に基づく同意取得により企業との共同研究等に利活用可能。

研究者情報

所属機関東京医科歯科大学 光学医療診療部
代表者名大塚 和朗 特別診療教授
詳細URLhttps://reins.tmd.ac.jp/html/100009140_ja.html

サンプルデータ(ダミーデータの一部を表示)

CONTACT

東京医科歯科大学オープンイノベーション機構に関するお問い合わせ、お申し込みは下記フォームにご入力ください。