NEWS

ニュース

← 記事一覧へ
2021.04.28NEWS

東大IPCと東京医科歯科大学が共催するインキュベーションプログラム

第5回『1st Round』開催

熱意ある起業家募集中

「東大 IPC 1st Round」は、米国スタンフォード大学出身者によるアクセラレータプログラム「StartX」をベンチマークとして、東大 IPC が設立したインキュベーションプログラムです。

この度、新たに筑波大学、東京医科歯科大学、東京工業大学が本プログラムの共催大学として参加することにより、「東大 IPC 1st Round」は大学横断型の「1st Round」へと昇華し、各大学の優れた技術や着想の社会実装をサポートする、国内最大級のインキュベーションプラットフォームを目指します。


募集に先立って、本プログラム

第一回説明会を開催いたします

日時:5月11日(火) 17時半~18時

本学に所属する教職員・研究者・大学院生・大学生

または、卒業生などの参加も可能です


● 6か月のハンズオン

● Non-Equityで最大1,000万円の活動資金

● 開発リソース(AWS1,200万円分等)

● 起業を目指すグループ

● 起業から3年以内のベンチャー



【問合せ】東京大学共創プラットフォーム開発株式会社(東大IPC)


← 前の記事へ
次の記事へ →

CONTACT

東京医科歯科大学オープンイノベーション機構に関するお問い合わせ、お申し込みは下記フォームにご入力ください。